• ホーム
  • 水虫にケトコナゾールとルリコン液とティーツリーオイル

水虫にケトコナゾールとルリコン液とティーツリーオイル

2019年08月19日

水虫の症状に悩まされている人もいるでしょう。
多湿高温を好むことから、季節が暖かくなりそして暑くなることで毎年のように悩まされている人もいます。
まず靴を履いて仕事をする機会が多い現代人ですので、なかなか治りにくいという特徴を持っています。
最近は女性がブーツを履くことから水虫が活動しやすい環境となり、慢性的に悩みを抱えている女性も多いようです。

水虫の治療選択としてケトコナゾールとルリコン液という治療薬、天然成分であるティーツリーオイルがあります。
ケトコナゾールとルリコン液は水虫治療薬としてお馴染みであり、治療薬として使っている人も多いでしょう。
ケトコナゾールとルリコン液ともに使用回数が異なり、医薬品としての強さも変わりますので、決められた用量を使って治療をすることが大切です。
また水虫治療の特性上、大切なこともあります。
自分で判断し治ったから治療薬を使うのは止めるのはいけません。
ケトコナゾールにしろルリコン液も使い切ることで水虫治療になります。
使い方を守ってください。

またティーツリーオイルも選択肢になるでしょう。
オーストラリアでは皮膚トラブルの選択となるオイルになり、万能薬として知られています。
オーストラリアの家庭では必ずといっていいほどティーツリーオイルがあると言われているようです。
水虫はもちろん、ニキビにも使えるようで、綿棒に浸して患部に直接塗るという方法で治療をします。

ティーツリーオイルは殺菌治療があり、原料には微量の毒性がありますので、使い方を守って使用するようにしましょう。
天然成分だから肌に安心という風潮が今の日本にはありますが、間違った方法で使ってしまうと問題が生じてしまいますので気を付けてください。